仕事における作業用ユニフォームのあり方

仕事におけるユニフォームを見ただけで、その人がどのような作業をしているのか見当が付きます。

海外ではトレーナーにジーンズ姿で作業している職人も居る中、日本では業種によってしっかりとしたユニフォーム着用が浸透しています。

この為、見た目の先入観で「工事関係者だろう」と安心してしまい、犯罪に巻き込まれるケースもある事は事実ですので、これを機にユニフォームに着目してみてもいいかもしれません。主に仕事をするためにユニフォームを着用する業種としては、建築や土木、電気や水道工事の現場作業員がイメージしやすいと思います。

どの業種も身体を使ってものを作り上げていく職人で、動きやすさが重要視されます。また、大量の汗をかくこともある為、比較的通気性が良く肌に貼り付いても不快に感じない綿素材で出来ている物が多いです。

腕周りや腰回りにヒダ(タック)を設けることで余裕を出しつつもだらしなく見えないように工夫されています。胸ポケットにもマチが付いており普段はスッキリとして見えますが、物を入れる際は容量が増えるようになっている物もあります。

最近の作業用ユニフォームは、現代人のスタイルに合わせてシルエットがスッキリしている物も多くなってきました。また、静電気が起きにくい制電加工や濡れにくい撥水加工、汚れにくい防汚加工がされている物が普及している為、ひと昔の物より作業効率が格段に良くなっています。

専門店の出店により、様々な種類の物を試着して最良の商品を選べるようになりました。スタッフに問い合わせることで一番人気商品を提案してもらう事もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です