作業ユニフォームに必要な要素とは

作業に向いたユニフォームとはどんなものでしょうか。

まず言えることは環境に適した着やすさと機能を備えていることです。作業に邪魔にならないしかもフィット感があり、デザイン性に優れていればもっといいでしょう。最近は、働く現場に女性の進出も目立つようになってきました。

看護のユニフォームの基本は清潔感があり、汚れを落とす洗濯が家でできることなどがあげられます。職場の雰囲気を壊さない配慮も必要です。電気を扱う職場では、制電機能は欠かせません。安全靴の性能も、履きやすさと同時に安全に最も配慮することが大切です。

働く現場では、道具をどう収納できるかも大きな要素になります。ポケットがいかに使えるか、道具を入れるのに不具合がないかもチェックする要素になります。カーゴパンツは、着こなすのが難しいアイテムです。

もともと、貨物船の船員がはいていた作業用のパンツが原点になっています。道具の持ち運びに役立つポケットが両脚に施されているのが特徴になります。もともと耐久性に優れた素材を採用されていましたが、最近はファッションとして取り入れられるようになっています。

素材も大切ですがシルエットがいい点が選ぶ基準になってきています。作業衣という出自を感じさせないことと、作業着ならではの丈夫さを素材がもっていることが大切なポイントになります。

ストレッチする素材やスエットタイプの素材が使われるのは着心地の良さと、ユニフォームとしてのかっこよさや清潔感が漂うからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です