オフィスのユニフォームは身体に合ったものを選ぶ

オフィスで働く定番のユニフォームとしては、男女ともにスーツが主流になっています。

男性のスーツは紺やグレーの色の物が多いのに対して、女性のスーツはピンクやブルーのいわゆる事務服と呼ばれる華やかな色の物もあります。どちらかと言うと外回りを行って商談や営業を行う男性に比べ、女性はオフィスで事務仕事や訪問者の対応を行う事が多い傾向です。

その際、華やかな色の事務服であれば訪問者の印象も良くなります。会社の受付の方に注目してみれば、首にスカーフやリボンを巻いている事があります。これも相手に好印象を与える接客サービスの一部となるわけです。

オフィスのユニフォームである事務服は、一般の店舗で購入するというよりは、専門のユニフォーム会社に依頼して実際に試着して自分に合ったサイズを選ぶのが多いです。

身体に合っていないものは、相手にだらしない印象を与えてしまうため、サイズ選びは鏡を見て慎重に行うようにしましょう。

現代女性は身体のラインにピッタリとフィットする服装を好む傾向もありますが、仕事の際に着用するユニフォームとなると話は別です。立ったり座ったり、しゃがんだりして仕事に不都合にならない程度に余裕のある物を選ぶようにしましょう。

せっかく自分に合ったユニフォームのサイズを選んだとしても、ホコリや汚れが付いていては台無しです。最近使用されている生地は制電や防汚加工が施されているものもありますので、選ぶ際は参考にしてもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です